« English Version

TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA

08 / 1
at 7:27 pm
Photo by Miyuki Samata
Photo by Miyuki Samata

今年のラインナップをみたときに、奇妙な既視感を覚えた気がしたのは自分だけだろうか。初日一発目、グリーンステージ、東京スカパラダイスオーケストラ。今年はクティ一族やUAの出演も含め、99年に戻ったような奇妙な錯覚を覚える。

もちろん、あの時とは時代が違う。当時はフジロックも苗場初年度、そして先代ドラマー青木氏が不慮の事故で亡くなった直後だった。そのとき、代理を務めることになったのが、当時ブランキージェットシティの中村達也氏。あの時も凄腕ドラマー緊急参戦を歓迎しつつも、慣れぬメンバー編成に少し戸惑ったが、奇しくも今回も最古参メンバーが脱退してまもない状態なのだ。このタイミングは単なる偶然だろうか。いや、10年が経ち何かが一周したのではないか。そんな気がする。

10年前との大きな違いは、この天気だ。昔は快晴、今年は雨。それもあまり記憶にないくらいのかなりの土砂降り。それでも谷中のMCが「しばらくヨーロッパツアーやってたけどやっぱフジが世界一だ!みんな誇りをもって踊ってくれ!」とアジると、色とりどりのカッパを着て集まった大勢のオーディエンスが手を振って答える。さあ今年もド派手な祭りが始まる。

序盤~中盤ハイライトは、悪天候で逆に吹っ切れたお客さんが、モンキーダンスで場を景気づけたあたり。煽り返すようにホーン隊がぐるんぐるんと管をぶん回し、時折遊び心でトラディショナルソングのフレーズを織り交ぜながら、雨中の観客を暖めていく。

そしてその流れのまま”SKA ME CRAZY”! 冷牟田氏脱退時はあわや封印かとも思われたこのキラーチューンから終盤へ。「おれたちだけバージョンも悪くないだろ?」と見せつけるように、ゲストボーカルがいない状態で”PRIDE OF LION”を再現し、続き”愛の賛歌”でシメる。結局CHARAやヒロトなど噂されていたゲストは誰一人乱入はなかったが、十分なステージだった。

ところで、話は前後するが、スカパラのライブが始まる直前、今年もやはり”田舎にいこう”が大音量で流れていた。今思えばだけど、お得意のゲストボーカルシリーズで、一度くらい清志郎を迎えてもおもしろかったんじゃないだろうか。スカパラ with キヨシロ、みたかったな。 

reported by org-joe

 

« 次の記事へ | 前の記事へ »

3 Responses to TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA

Avatar

yesboxtest

11月 5th, 2014 at 3:20 AM

I have read a few good stuff here. Certainly worth bookmarking for revisiting. I surprise how much effort you put to create such a excellent informative web site.

Avatar

they wrote

10月 28th, 2019 at 8:56 PM

There is some differing view points on this topic , how can you be so certain you hold the correct point of view? Great work, keep it up. I used to study this stuff when I was in school. I really like articles just like this one.

Avatar

ventolin coupon

11月 18th, 2019 at 6:43 AM

There sure must be some kind of really addictive quality about this website because I can not go for more than a day without reading it. I really learned a lot because of you. This information you are providing is good. Thank you for sharing your information with us.

Comment Form

top