« English Version

おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

07 / 29
at 12:25 am

0725_ooame_av_0014

Photo by Yoshitaka Kogawa

 ユニット名に反するように、ポツポツ降っていた雨もやんで、気持ちのいい夜が訪れたジプシー・アヴァロン。「降らなくて良かった」(おおはた)。「止めておきました」(坂本)。と、始まる前の会話もゆったり、まったり。手を大きく動かして、リラックスした様子で歌い始めた”Never Ending Story”は驚くほど透明。しなやかに動かす手の先からもキラキラした音が流れ出てくるような。アヴァロンの澄んだ空気ときれいにまじり合った。

 たえず柔らかな笑顔の坂本美雨の後は、「おおはたくんのセクシータイムです(笑)」と紹介されたおおはた雄一が歌い出す。坂本美雨とは好対象の低めのぼくとつな声。昨日、クラムボンも演ったという”おだやかな暮らし”おお雨バージョンでは、低く穏やかな声と、どこまでものびていく透きとおった声が重なって、絶妙の化学反応がおこっていた。

 後半はゲストを入れてちょっとしたバンドのような編成に。SOURというバンドの”Slow Gear”をカヴァー。その際、打ち込みのような音が入ったのだが、これはおおはたが手動で録音したカセットテープ! 「MC中に流してたら、曲が終わる前に止まっちゃうんじゃない?」「電池の残りも心配なんですよ」。このほのぼのしたアナログな感じに客席からも笑いがおこる。無事、テープも電池ももち、曲の最後はもちろん手動でテープをストップ。ばっちりなタイミングに会場中から拍手がおこった。いや、演奏も素晴らしかったんですよ、テープの件だけでなく。

 最後は「大好きな曲です」という”Fields Of Gold”でラストを飾り、ずっとたやさなかった笑顔とともにステージをおりたふたり。アヴァロンに光を跳ね返すミラーボールの灯りも、お客さんの拍手も、すべてがしなやかで柔らかで優しくみえた

reported by org-wacchy

 

« 次の記事へ | 前の記事へ »

2 Responses to おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

Avatar

Cleveland Armstong

4月 5th, 2014 at 1:40 PM

I simply could not leave your web site before suggesting that I
actually loved the usual info an individual supply for your guests?

Is going to be back ceaselessly to check out new posts.

Avatar

Juan Varlas

10月 8th, 2014 at 11:13 PM

great post, thanks for the read.

Comment Form

top