« English Version

Altan Urag

08 / 1
at 11:57 pm

0725_altan_cp_0006

Photo by Koji Chikazawa

 世界にはいろんな音楽があり、僕らはほんの一部しか知らない。アルタン・ウラグなど、モンゴルという先入観から牧歌的なものをイメージしていたが、ふたを開けてみれば、目から鱗のオルタネイティヴ・ミュージックだった。

 ウッドベースと、中国の二胡のような弦楽器のヘッドには、映画『エイリアン』シリーズでおなじみのギーガーのような彫刻が施され、ボディは矢印か棺桶のような形。そんなアレンジをする民族とは思いもよらなかったし、情報の乏しさというのは損こそしないが、世界に転がっている面白いものを取りこぼしているようで、いくらかもったいない気がする。

 ステージ中央には、猫じゃらしのような形のしなるスティックで弦を叩く楽器があり、スティール・パンのような澄んだ音色を響かせている。ドラムスはけたたましい乱打で攻め、ホーミーとラッパが浮遊している。生演奏で繰り広げられる人力トランスは、パレスのテントを狂乱の渦に巻き込み、それこそ、音楽というフォーマットの上で、飛ぶ鳥落とすチンギス・ハンからフビライ・ハンに至るモンゴル帝国の勢いを体現しているかのようだ。

 馬を駆け、中国はもちろん遥かヨーロッパにまで勢力を拡大したモンゴル。相撲でも音楽も例外ではなく、テント脇で行われていたサーカスの如く、驚くべき瞬発力ててっぺんへと駆け上がる。元寇では神風が吹いて、元の軍を蹴散らしたというが、今回は違った。フジロックという追い風が吹き、得体の知れないバンドとオーディエンスをつないだのだ。



The official site

Altan Urag

http://www.altanurag.mn/

check ‘em? –>MySpace



check the albums?

reported by org-tiki

 

« 次の記事へ | 前の記事へ »

Comment Form

top